大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。

暮らしの中から-22: 小林家住宅探訪

 東京都の西端に位置する檜原村は、島を除けば都内唯一の村である。秋川の源流となる山林地帯で、先別れした支流沿いに民家が散在するだけで、あとは山また山、山歩きやキャンピングを楽しむには、近くて便利な穴場である。甲州街道の裏街道の一つ、古甲州道、が村を貫き、落人伝説に由来する地名が散在している。かつては、かなりの往来があったようだ。炭焼きや養蚕で暮らしを支えてきた寒村だったが、今や道路が整備され、案内標識やトイレが完備されている。都民のリクリエーション拠点として振興を図ろうとする都政の意欲が伝わってくる。
 川筋をドライブしていると、見上げるような山の中腹にへばりつくように、ぽつん、ぽつんと家が散見される。歩いて登るしかない僻地でどんな暮らしをしているのだろうと、かねがね気になっていた。そんなとき、北秋川を上り詰めた先にある陣馬尾根の中腹に、小林家住宅という重要文化財があることを知った。2月の末の暖かい日に、思い切って探訪に出掛けた。
 車を使わずに、全行程公共交通機関を使った。7時過ぎに家を出て電車に乗り、登戸、立川経由でJR武蔵五日市駅に到着、そこから小林家住宅管理事務所に電話して、モノレールの予約をした。バスで50分、北秋川沿いに遡上して終点の藤倉に到着。乗客は唯一人、でもこの赤字路線が住民には命綱である。そこから20分ちょっと緩い坂道を登ったところにモノレールの駅があった。出迎えてくれた管理人のTさんが運転するモノレールは、3人掛3列定員9人の大型で、ミカン畑などで見かける無人のモノレールとは大違いである。しっかりした補助輪がついており、左右のバランスもいい。上左図のように最大斜度40度を超える林間の軌道をぐいぐい登っていった。私は、この日唯一人の予約客らしい。
 15分近く登って尾根筋に到着すると、そこが終点、展望が一気に開ける。樹齢600年を越えるケヤキの古木が数本残っていて、その根が張り巡らす強固な編み目がダムのような役割を果たし、土砂の流出を食い止めて僅かな平地を形成した。標高750メートルのその地に、上中図に示す入母屋造りの小林家住宅が建っていた。眼前には上右図のように、比較的なだらかな尾根(浅間尾根)が連なっていた。その尾伝いに古甲州道が通っていたそうだ。川筋は危険で、なだらかな尾根筋の方が人馬の往来に適していたようだ。
 1978年に重要文化財指定され、8年前に茅葺き屋根を始めとする本格的な復元作業を終えた小林家住宅は、250年前にこの地で炭焼きを始めた一家の住居で、比較的小さい。かなり荒廃していた家が、山地での生活文化を残す遺産として重要文化財指定された。江戸に比較的近い地の利を得て、奥多摩では堅炭の生産が盛んだった。運搬は、炭俵を馬に乗せて、尾根筋伝いに下の集荷場まで一日がかりで運んだそうだ。帰りには、山では得られない生活物資を持ち帰った。そのような暮らしが、明治に入るまで続いてきた。麓の藤倉には、明治7年に開設された小学校の廃校記念碑が残っている。今では過疎地だが、昔の方が多くの子供で賑わっていたのだろう。
 管理人のTさんから、たった一人の訪問者として、この地にまつわる歴史や暮らしぶりをたっぷり聞いた。家の裏の斜面はツツジ林になっている。5月のツツジ祭りのときには結構賑わうそうだ。この家で、子供は近くの沢まで水汲みに、親は木を切り炭を焼き、一家総揃いで働いたのだろう。今とは比べようもない不便な暮らし、でも一家は懸命に働き、厳しくとも平和な日々を過ごしたのだろう。いにしえの暮らしを偲びながら、現代人の軟弱さを恥じる貴重な一日となった。
 帰りは歩いてバス停の藤倉まで下った。途中で廃校跡を経て鎮守の春日神社に立ち寄り、深く頭を下げて世界平和を祈った。全く逆のコースを辿って帰宅したのは夜7時、東京の秘境を訪ねる忘れ難い12時間だった。



→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る      2:第二の終の車
          3:私の8月15日      4:戦場食
          5:ジム通い         6:富士ビューホテル
          7:ひらがな講座       8:スマホの乗り換え
          9:独り暮らしも2年目へ   10:桜に惹かれて-野川探訪-
          11:桃源郷          12:多摩川ウオーク
          13:秩父遍歴         14:地域の集い-初出演
          15:ホームページの話     16:ジムに通って1年、結果は?
          17:筑波山詣で        18:クラス会、同窓会
          19:ブレーキは左足      20:戦場食-その後
          21:孫娘誕生        

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住