大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。

暮らしの中から-6: 富士ビューホテル
 家内は富士が好きだった。朝な夕にベランダから富士が美しい姿を見せると「今日はとてもきれいよ」と声をかけてくれた。快晴の日などふと思い立ち、じゃあ行ってみるかと富士を目指して出掛けることも年に何回かあった。目指す先は決まって河口湖畔の富士ビューホテルだった。
 富士ビューホテルは湖に接する高台に、湖水を背に富士に向かって建っている。その前庭越しに眺める富士は、春の桜の時期と秋の紅葉の時期がとくに素晴らしかった。白雪を戴く富士と季節を彩る木々との共演は、美しいという範疇を超えて、神々しいというか、身が引き締まるような霊気さえ漂わせていた。上に掲げた春秋二つの写真から、その情景を想像していただきたい。
 五階建てのホテルの屋根の両端に、小さな見晴台が突き出している。そこからは前に富士、後ろに河口湖とパノラマビューが楽しめる。眺めるだけもよし、写真もスケッチもよし、決まって訪れる場所だった。
 一階には広い裏庭に面した喫茶ラウンジがあり、庭の景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができた。かつてこのトップページの“思い出の1枚シリーズ”で、最後の遠出と題して右の写真を紹介したことがある。それはまさにこの場所で撮影された。隣のテーブルに座っていた若いカップルがシャッターを押してくれたもので、ポーズといい背景といい申し分ないチャンスを捉えてくれた。お葬式の時に使った遺影も、これから切り出して拡大したものを使わせていただいた。
 ホテルで一休みしたあと、湖畔を巡って帰路につくのがお決まりのコースだった。
 我々の新婚旅行の行き先は箱根宮ノ下の富士屋ホテルだった。それと姉妹店に当たる富士ビューホテルが、家内との最後の長距離ドライブの行き先となったのは不思議な因縁だ。旅の思い出と共に、このホテルには強い愛着を感じている。




→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る      2:第二の終の車
          3:私の8月15日        4:戦場食
          4:ジム通い

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住