大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。ご意見がありましたら、気軽にお知らせ下さい

暮らしの中から-29: 神代植物公園

 調布市の北端に位置する都立神代植物公園は、家から比較的近いこともあり、もう40年以上も折に触れ家族ぐるみで訪れてきた。公園の南に隣接して深大寺があり、お寺参りを兼ねていくこともあった。シニアの入園料は250円、季節ごとの木や花を楽しみながら自然と足が進むので、午後のお散歩にはぴったりの行き先である。
 東西1キロ近く、南北500メートルはある広大な公園は、武蔵野の面影を残す森を主体に、池あり、大芝生あり、バラ園あり、大温室ありで変化に富んでいる。いちばんのお目当ては、池端に林立するメタセコイアの巨木で、黄金色に輝く晩秋のひとときは、一年を通じて最も感動的である。上の写真は、その近景と、バラ園越しの遠景を示している。バラ園は、春咲き、秋咲きを中心に、年間を通じて花が絶えることはほとんどない。一人になった今でも、どこかへ行こうと思うとき、ここが最初に頭に浮かんでくる。
 たびたび訪れるので、私の行動にお決まりのパターンができてしまった。駐車場に車を停めて正門から入ると、シャクナゲの林を抜けて池の畔に出る。池面のあちこちに咲いているスイレンを眺め、寄ってくる鯉に挨拶してから、池端に聳えるメタセコイアを見上げる。葉を落としてひっそりと佇む姿から、新緑、濃緑、黄金色の衣をまとった壮大な姿まで、まさに季節のバロメーターである。そこから池を廻ってバラ園に出る。咲き誇る季節のバラを楽しみながらスタスタと売店にゆき、抹茶のソフトを注文する。バラ園を見渡すベンチに腰掛け、ゆったりとソフトを舐めながら、バラよりソフトかと呟く。
 そこから先は気分任せだ。春先だと梅林に足を伸ばし、秋は大芝生に寝転んで巨大なパンパスを横目に青空を見上げ、寒いときは大温室で熱帯植物やランなどを楽しむ。帰り際に花や珍しい植物の鉢物を並べた売店に立ち寄り、気に入った鉢があれば買い求めて素子の写真の脇に置く。長くて2時間ほどさまよい、さっぱりとした気分で家路につく。
 行くのは決まって週日で、お年寄りや子供連れがちらほら見当たる程度に人も疎らである。木や花に囲まれながら歩き回るのは、気分の癒しには最高だ。最近1250円奮発して年間パスを購入したので、これからもせっせと通うことにしよう。



→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る      2:第二の終の車
          3:私の8月15日      4:戦場食
          5:ジム通い         6:富士ビューホテル
          7:ひらがな講座       8:スマホの乗り換え
          9:独り暮らしも2年目へ   10:桜に惹かれて-野川探訪-
          11:桃源郷          12:多摩川ウオーク
          13:秩父遍歴         14:地域の集い-初出演
          15:ホームページの話     16:ジムに通って1年、結果は?
          17:筑波山詣で        18:クラス会、同窓会
          19:ブレーキは左足      20:戦場食-その後
          21:孫娘誕生         22:小林家住宅探訪
          23:目覚まし体操       24:デジタルアルバム
          25:歯磨き七つ道具      26:救急車
          27:AIドライブモニター速報  27:補聴器

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住

スマートフォン版