大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。

暮らしの中から-2: 第二の終の車
 10年前、マイカー11号としてホンダのシビックを購入した。当時77歳で、これが終の車になるに違いない、乗りやすく安全なことは当然として、終に相応しい何かが欲しいと感じた。私のマイカー1号は、1957年に購入したフォルクスワーゲンだった。終わりも、イメージ的にそれに一番近い国産車を選んで、始めに立ち返るのがいいと思った。フォルクスワーゲンとは国民車のこと、国民の足に相応しい質実剛健な車、その視点から選んだのがシビックだった。
 私は大学で機械工学を教え、多くの卒業生が自動車メーカーで働いている。そこで私は、一生かけて国産全社の車に乗って彼らを応援したいと考えた。日野ルノー、いすゞベレットなど、今やトラック専業メーカーの乗用車を手始めに、トヨタ、三菱、ホンダと順調に進んだが、ホンダで足踏みしてしまった。家内がホンダファンで、ホンダ以外には目が向かなかったからである。こんな事情から、シビックは4台目のホンダ車になってしまった。
 シビックは10年経っても事故も故障もなく軽快に走り、期待に応えてくれた。丁度退職後の時期と重なったので、家内と日本各地を旅して思い出でを満載した車になった。そんな車を乗り換えようと決心した動機は、高齢ドライバーの事故の急増と予防安全装置の急速な普及だった。最新の安全装置を載せた車は、事故を8割から9割も減らしている。乗り換えるなら、事故を起こして後悔する前に、早い方がいい。
 こんな思いから車探しが始まった。家内はすでに亡く、ホンダともさっぱり決別できる。次のメーカーは?真っ先に来るのは日産だろう。しかし日産は三菱と同じグループと見なして敢えてパスし、残るはマツダかスバルのどちらかにした。(軽主体メーカーを除く)何れも独自の技術を誇る乗用車専業の中堅メーカーである。
 ネットで予め情報を集め、乗りやすいサイズ、安全装備などを考慮して、マツダはSUVのCX-3、スバルはハッチバックのインプレッサSに予め的を絞った。そして地元のディーラー巡りを始めた。
 まず訪れたのが本命と思われたマツダの店だった。対応した若い販売員Mは、私のような街乗り主体の場合はディーゼルよりガソリン車がお薦めといってくれた。これは納得である。CX-3はひと月前にマイナーチェンジをしたばかりで、ネットでは改良点を詳しく紹介していた。出てきたカタログを見ると、ネットのものとエンジン出力など数値が違っている。私は新しいカタログが見たいというと、Mはこれが最新だという。私が、では一緒にネットを見ようというと、何やら引き返して新しいカタログを持ってきた。Mは丁度試乗車があるから乗ってみないかといった。勿論OKで、早速車に乗り込んだ。でもちょっと違う。マイナーチェンジでハンドブレーキが電磁式になったのに、相変わらずハンドブレーキがついている。旧型ですかと聞くと、ためらいもなくそうですと答えた。乗ってみたら、気持ちよく走った。でも終わってから、新型に乗りたかったというと、M は「あまり変わりませんよ」といった。温厚を自認する私も久し振りにむっとして言った。「開発に当たった技術者や現場は、そのマイナーチェンジのために心血を注いできた。それを売るものが、あまり変わりませんとは何だ」まさに公憤である。新型の試乗車が入ったら知らせて欲しいといってその場を去った。でもそれっきり電話はかからなかった。マツダとは悲しい別れとなった。
 次にスバルの店に行った。対応した販売課長は、私用の車だと断ってSUVのVXに試乗させてくれた。スバルご自慢のアイサイトという安全装置が満載で、運転中にいろいろ注意してくれる。トランスミッションがCVTの車は初めてで、普通のトルコンに慣れていると最初は若干アクセルレスポンスに違和感がある。でもこれは慣れの問題だろう。SUVはやや威圧感がありすぎるので、ひっそりと乗れるインプレッサSが良いというと、後日早速手配して乗せてくれた。ここで私はOKして購入を決めた。
 正直いうと、街中で30分ぐらい試乗しても、車のほんとの良さや欠点は分からない。購入の決め手は、結局は因縁だろう。スバルにはいろいろな因縁があった。私の弟の長男がスバル勤めで、弟も熱心に勧めていた。富士重工に就職した大学同期のY君は、水平対向エンジンの開発に携わり、手塩に掛けてスバル独自のエンジンに仕上げた張本人だ。いろいろ相談に乗ってくれた上に紹介者になってくれた。最初のフォルクスワーゲンは、空冷の水平対向エンジンを載せていた。今度は水冷の違いはあるが、水平対向という4文字で最初と最後が見事にドッキングする。因縁尽くめである。
 車のカラーについては、還暦のちゃんちゃんこに倣って赤もいいなと思った。それを口にすると、94歳の姉が憮然として言った、「高齢者の運転ミスでひっくり返っている赤い車をテレビで見たわ。目立ってみっともない」やはりシルバー族に相応しい控え目な色が正解かと、シルバーメタリックを選んだ。
 車は半月ほど待って納車された。20日ほどの間に、近場ドライブや日帰りの遠出、一泊旅行などで800キロほど走ったが、たくさん並んだスイッチ類を始め安全装置の活用はほぼ会得した。静かにゆったりと走ってくれて相性も良さそうである。行きたいところに自由に行けるドライブは、数少ない楽しみの一つだ。この第二の終の車で、老いを十分自覚しながら、その楽しみを続けさせてもらおう。



→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住