大 橋 秀 雄  Hideo Ohashi


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

エッセイ、論説など  Miscellanious publications

学会誌などに投稿したエッセイ、論説、挨拶、紀行文などを集めました。
著者は、断りの無い限り 大橋秀雄 の単著です。
**********
  1. 左足ブレーキ体験談 ブレーキは左足、ターボ機械、2020年3月、p. 188-189.
  2. 中学1年の絆 たった一年、でも一生、城北会誌(都立四中、戸山高校同窓会誌)第66号、2018年、p. 48.
  3. 日本流体力学会50周年記念記事 架空対談、ながれ、35巻4号、2016年8月、p. 325-330.
  4. 昔懐かしい 計算尺ものがたり、ターボ機械、2014年7月、p. 475-477.
  5. 畠山記念館で思う 不易と流行、エバラ時報242号、巻頭言、2014年1月、p. 1-2.
  6. 元祖を探って2 ー同窓会名簿に載っていないー 東大機械工学科卒の7人の理学士、東大機械同窓会誌 第61号(非売品)、2013年12月、p. 96-99.
  7. 元祖を探って1 東大機械同窓会第一回卒業生 -5人の足跡を辿る-、東大機械同窓会誌 第60号(非売品)、2012年12月、p. 114-126.
  8. 大学経営を省みる 学園125年史発刊にあたって、工学院大学学園125年史、p. 7-11、中央公論新社、2012年9月30日発行
  9. 創立者を語る2 渡邉洪基先生にまつわるノート、工学院大学校友会報、133号、2012年、 p. 24-25.
  10. 神は予兆を与え給う 自戒 三つのフレーズ、日本技術士会 原子力・放射線部会 会報、第6号、2009.9.30発行、p. 7.
  11. 創立者を語る1 渡辺洪基 もう一つのパイオニア、武生立葵会報第41号、2009年8月31日発行、p. 4-5.
  12. 喫茶室で 昔ばなし、日本ガスタービン学会誌、Vol. 37 No. 3, 2009年5月、p. 49.
  13. 動機の話 忠犬と機械工学、工学院大学機械工学同窓会会誌、27巻、2005年4月、p. 4-5.
  14. 全く違う 入口と出口、私学経営、350号、2004年4月、p. 2-3.
  15. 就活学生に贈る アドバイス、工学院大学新聞、就職ガイドなどから抜粋
  16. いろいろ書かされます 学内報への寄稿文、工学院大学新聞、暁雲、如蘭、激躍、後援会報から抜粋、1996-2005年
  17. 意外と無関心 家庭のエネルギー問題、日本エネルギー学会誌、81巻908号、2002年12月、p. 1039-1046.
  18. いったい 何のために学ぶのか、工学教育、50巻4号、2002年7月、 p. 22-26.
  19. ワシントンの街角で 元会員が描く日本学術会議の未来像、学術の動向、5巻10号、2000年10月、p. 64-70.
  20. 対談 この人に聞きたい-大橋秀雄、土木施行、Vol. 41, No.9, 2000年7月、p. 52-56.
  21. 期待を込めて迎える 21世紀の開幕を前に、工学院大学綜合研究所年報第6号、2000年、p. 1.
  22. 蚊も愛おしい 宇宙飛行士ポリアコフの話など、工学院大学、大学の先生と楽しむ理科教室パンフレット、1999-2002年版から抜粋
  23. 新世紀を前に 科学のターニングポイント -世界科学会議の宣言から-、学術の動向、5巻4号、2000年4月、 p. 6-7.
  24. さすが伝統の フランス学士院、学術の動向、4巻6号、1999年6月、p. 14-15.
  25. 考えてみよう 科学技術は実利のためだけなのか、工学院大学総合研究所年報第5号、1998年12月、p. 1-2.
  26. 都立四中一年間の思い出 たったの1年、因縁の1年、東京都立戸山高校、昭和25年卒文集フォーラム25,1999年
  27. ドイツ留学の思い出 学位の金婚式、30 Jahre DAAD Ausenstelle Tokyo, 記念出版, p. 132-133.
  28. 因果はめぐる 基礎と応用の輪廻、工学院大学総合研究所年報第2号、1996年12月、p. 1-2.
  29. 思い出の ホテルプゥサン、学術の動向、1巻6号、1996年9月、p. 53.
  30. アウトバーンにて ハンドルのつぶやき、日本自動車技術会会報、50巻1号、1996年1月、p. 4-5.
  31. どんな人 インテリ?、日本学術会議月報、36巻11号,1995年12月,p. 56-57.
  32. 行ってびっくり ピーターハウス、工学院大学後援会報、第34号、1995年10月、p. 3.
  33. 日本語で片付く 1億2千万人の重み、学術月報,48巻3号,1995年3月,p. 313.
  34. 実を申せば 隠れガスタビアン、日本ガスタービン学会誌,22巻88号,1995年3月,p. 1-2.
  35. 誰の設計? 首相官邸の講堂、工学院大学後援会報、第32号、1994年10月、p. 3.
  36. トンビになりたい トンビとターボ機械、ターボ機械,22巻7号,1994年7月, p. 408-409.
  37. お国柄を映す 名刺考、エバラ時報,159号、1993年4月,p.1.
  38. 東大退官記念出版 研究と動機、限定配布、1993年5月、130ページ.
  39. ロケットの町で 晴れ 局所的に曇り、日本航空宇宙工業会、翼のある風景,No. 30,1992年秋冬,p. 50-51.
  40. 信頼の証 欧州最北端で感じたこと、日本自動車殿堂、JAHFA No.2、1992年、 p.34.
  41. 33年間の講義を終えて 講義に思う、東京大学工学部ニュースNo.263,1992-2-1,p. 1-2.
  42. 未年年男の弁 1931年の羊、東京大学工学部ニュース,250号,1991年1月1日、p. 2.
  43. 趣味といえるか 地図旅行、ターボ機械,18巻7号,1990年7月、緑陰特集「趣味」,p. 386-387.
  44. 楽しみながら トンネル換気と30年、高速道路と自動車,33巻7号,1990年7月,p. 7-10.
  45. 大好きな 車をめぐる断章、自動車研究,日本自動車研究所所報,第11巻12号,1989年12月,p. 441-444.
  46. 技術融合がもたらす 機電一体+土機一体=革新技術、富士時報,62巻12号,1989年12月,p. 768.
  47. 人付き合いの障壁 信境>観境>語境>国境、ターボ機械,17巻7号,1989年7月,p. 409-412.
  48. 頭と体で 理解と実感、研究者達の若き日の思い出,創立30周年記念誌上巻,河上記念財団,1988年11月,p. 32-34.
  49. 後日談「レイノルズ数の名付け親」、日本機械学会メカライフ13号、1988年9月、p. 48-49.
  50. 豪華誌上架空対談「レイノルズ先生とマッハ先生をお招きして」、日本機械学会メカライフ10号、1987年12月、p. 42-46.
  51. 車とパソコンとの出会い カーキチパソキチ、ターボ機械,15巻7号,1987年7月,p. 398-401.
  52. 成田→ロンドンの機中にて 30年、ターボ機械,15巻6号,1987年6月,p. 375-376.
  53. 留学生を迎えて役立つ 原体験、ECHO, DAAD 友の会会報, Nr.1, 1986-3, p. 14-15.
  54. とんだ勘違い Dr.-Ing. 、ターボ機械,12巻4号,1984年4月,p. 243-245.
  55. 違いに着目 研究者と設計者、ターボ機械,7巻9号,1979年9月,p. 574-575.
  56. 知らなきゃ損 大学活用法の研究、ターボ機械,7巻1号,1979年1月,p. 46-48.
  57. 今井兼一郎 新会長との出合い-その横顔-、ターボ機械,6巻10号,1978年10月,p. 579-580.
  58. そこが違う 水屋さんと風屋さん、流体工学,9巻9号,1973年,p. 22-25.
  59. 体験記 技術革新の原動力-巨大プロジェクト-アポロ計画の見聞から-、日本機械学会誌,70巻584号,1967年9月,p. 8-9.