大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。

暮らしの中から-26: 救急車

 救急車のピーポーという音が聞こえるたびに、ふと自分が119番したときの緊迫した状況を思い出す。そして、ひと事ながら大事に至らなければと願ってしまう。
 最初の体験はアメリカで起こった。3才の長男Aがハサミで下唇を切ってしまった。慌てて電話帳をみて救急車を呼んだら、すぐやってきて病院まで運んでくれた。Aは初めて乗る救急車に大喜びだった。唇は縫わなくても癒着するらしく、手当はすぐ終わった。アメリカの救急車は民間経営で、後からしっかり請求書が届いた。これは55年前の昔話である。
 日本ではこれまで、私が1回、家内が4回救急車のご厄介になった。最初は2002年、私が明け方にクラクラと目まいがして脳梗塞の発作を起こしたときだった。このとき家内が呼んでくれたが、幸い傷は浅く、十日ほどで後遺症もなく退院できた。
 一方家内は、2012年に心房細動、2014年に副交感神経失調、2016年1月に肺炎、同3月に腹部大動脈瘤破裂と立て続けに緊急搬送された。初回は入院もせずにすぐ帰宅できたので、翌日菓子折を持って所轄の消防署にお礼に行った。署員の方は、こんなことは初めてだとびっくりしていた。最後のケースが最も深刻だった。血圧が測定不能なほど低下する中、関東中央病院に搬送され、緊急処置ののち翌日ステント挿入手術を受けた。名医のお陰で奇跡的に回復し、2週間ほどで退院できた。しかしこのとき肺ガンが見付かり、2年近くの闘病のすえ帰らぬ人となった。
 私の場合、次男が2008年から医師となったので、救急車を呼ぶ前に息子に電話して状況を話し、その指示に従った。普通の方は、自分で判断しなければならない。特に初めての場合は、どうしていいか迷うだろう。長く迷うことは許されない。迷わず119番に電話した方がいい。動転するのは禁物、状況を正確に伝えられるよう、まず気を静めなければならない。そして車を待つ間に、保険証、診察券、お薬手帳、現金やキャッシュカードなど必需品を纏めて携行できるように準備しよう。あとは救急隊員の指示に従えばいい。
 何回も救急車のご厄介になったのに、お礼に行ったのはたった一回とは恥ずかしい。ほんとは、毎回手を合わせたいくらい感謝の気持ちでいっぱいだった。救急隊員の皆さま、ご苦労様です!



→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る      2:第二の終の車
          3:私の8月15日      4:戦場食
          5:ジム通い         6:富士ビューホテル
          7:ひらがな講座       8:スマホの乗り換え
          9:独り暮らしも2年目へ   10:桜に惹かれて-野川探訪-
          11:桃源郷          12:多摩川ウオーク
          13:秩父遍歴         14:地域の集い-初出演
          15:ホームページの話     16:ジムに通って1年、結果は?
          17:筑波山詣で        18:クラス会、同窓会
          19:ブレーキは左足      20:戦場食-その後
          21:孫娘誕生         22:小林家住宅探訪
          23:目覚まし体操       24:デジタルアルバム
          25:歯磨き七つ道具     

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住