大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと欄」の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。

暮らしの中から-20: 戦場食 ー その後

 独り暮らしも3年目に入った。食事は相変わらず3食自炊が続いている。時折夕食付きの会合に出たり、まれに外食することもあるが、美味いものにありついたという感じでもない。普段食べているものが結構まともなのか、それともよほど味に鈍感なのか、恐らく後者だろう。
 独り暮らしが十ヶ月目に入った頃、このトップページに「戦場食」と題する記事を載せた。自炊のやり方もほぼ固まった頃で、どんなものを食べているか、写真付きでご紹介した。とくに夕食では、先ず設計図を書いて炊事を始めるなど、私の流儀もぜんぶ公開した。今その記事を読み直すと、当時は真面目にやっていたものだと思う。記事を読んだ方から、うちの夕食よりずっと豪華だといわれて赤面したこともあった。戦場食と名付けたのは、最少の時間と手間で作るレーション(野戦糧食)になぞらえたからある。
 いまでも基本は変わっていない。栄養のバランスで問題は起こっていないし、量的には体重の増加を気にして抑え気味にする状態が続いている。年の割に元気でいられるのは、我流の食事でも結構いけてるせいかもしれない。
 朝食と昼食は、昔からずっと変わらない。朝は目玉焼きにパンとコーヒーとヨーグルト、昼は有りもので形だけ済ませる。夕食で変わってきたことは、ますます手抜きになったことだろう。蛋白質、澱粉、野菜などのバランスは、何も毎日気を遣うことはない。太古の人類は、獲物にありついたときに腹一杯食べて、あとは水を飲んで餓えをしのいだのだろう。そのDNAを受け継いでいるはずだ。栄養のバランスなど、月単位で考えればいいと思えば、ぐっと楽になる。
 昔は一汁一菜が普通だった。主菜、副菜など面倒なことを考えずに、一皿にしてしまえばいい。最近の夕食を、上の写真で2例お見せしよう。鍋かフライパンを使って、必要なものを全部つっこみ、かき回してハイ終わりで済ませることが多い。食卓はぐっと簡素になったが、晩酌は相変わらず欠かせない。まずお酒でいい気分になってから食べるので、味には寛容になるのだろう。料理の腕を上げようなどという意欲は、もうすっかり消えてしまった。こんな調子でも、体調はいいし栄養学的にも問題なさそうと思っている。最近の私の食生活を、続報として改めてご紹介しよう。



→これまでのトップページ

   暮らしの中から-1:ルーツを辿る      2:第二の終の車
          3:私の8月15日      4:戦場食
          5:ジム通い         6:富士ビューホテル
          7:ひらがな講座       8:スマホの乗り換え
          9:独り暮らしも2年目へ   10:桜に惹かれて-野川探訪-
          11:桃源郷          12:多摩川ウオーク
          13:秩父遍歴         14:地域の集い-初出演
          15:ホームページの話     16:ジムに通って1年、結果は?
          17:筑波山詣で        18:クラス会、同窓会
          19:ブレーキは左足     

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山
          13:

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
           5:60年前の回転計      6:三種の算器 
           7:パソコン1号        8:Nordkappこと北の岬
           9:写真の移り変り      10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住