大 橋 秀 雄   Hideo Ohashi

工学教育50年を終えて現役から引退しました。
これからは、ここが社会への窓口です。
     


トップ できごと 経 歴 印刷物 講演資料 エッセイなど

 平凡な暮らしの中から これは と思える話題を選び、それにまつわる思いや体験をお伝えします。「できごと」欄の補完のようなものです。このホームページそのものが、まだ元気でいるよと発信する窓口のようなものですから、その趣旨に徹します。ご意見がありましたら、気軽にお知らせ下さい

暮らしの中から-43: 年賀はがき

 年末年始の大仕事といえば、やはり年賀状の交換だろう。年賀状といっても100%郵便局で買ってくるお年玉付き年賀はがきである。私の場合、歳と共に交換数が増え始め。60歳台後半でピークに達した。その頃は本来の学長の仕事のほか、学術会議や学協会関係の付き合いも多く、買い求める年賀はがきは800枚ほどだった。その後は段々と減り始め、80歳で常勤の職を退く頃には半分近くになった。卒寿を越えた今では、250枚ほど買い求めれば、いただく賀状にすべて返事が出せる。焦らずに返事を書くゆとりも生まれた。
 賀状には、元旦に届くように年末に投函するものと、元旦以降に届いたものに出す返事がある。今年は前者が60通で、親族や長いこと賀状の交換が続いた方々に限っている。元学生などから届く賀状には、近況に合わせて短いコメントを手書きして返事を出す。今年も200通近く書き上げ、投函すると初仕事を済ませた感じがする。
 年賀はがきは、筆王というソフトでデザインしてプリンターで印刷している。先出し用は1種類、返信用は知人向け、元学生向けなどグループ分けして文言を替えて用意する。
 いただく年賀はがきを眺めるのは楽しい。文字でぎっしり埋まったものもあれば、毎年自作の絵や木版画を使う方もあり、上の写真のように千差万別である。長年交換が続くと、一見しただけで差出人が分かるものも多い。近況を特に注意して読んでいる。
 賀状の交換は、始めるのは易しいが、止める方が難しい。律儀に返事を出すと、相手も続けざるを得ない圧力を感じてしまう。仕事上のお付き合いは、疎遠になった頃合いを見計らって、こちらから千秋楽を宣言するようにしている。今年は35通そうさせていただいた。卆業以来欠かさず近況を伝えてくる元学生たちからの賀状は、たとえ何十年会わなくても止めるわけにはゆかない。学生と母校との絆の役割を担っているからだ。
 年賀状の交換は年々減ってゆくだろう。でも自分でマネージできる限り、楽しみながら続けてゆきたい。



→これまでのトップページ

   暮らしの中から1:ルーツを辿る       2:第二の終の車
          3:私の8月15日      4:戦場食
          5:ジム通い         6:富士ビューホテル
          7:ひらがな講座       8:スマホの乗り換え
          9:独り暮らしも2年目へ   10:桜に惹かれて-野川探訪-
          11:桃源郷          12:多摩川ウオーク
          13:秩父遍歴         14:地域の集い-初出演
          15:ホームページの話     16:ジムに通って1年、結果は?
          17:筑波山詣で        18:クラス会、同窓会
          19:ブレーキは左足      20:戦場食-その後
          21:孫娘誕生         22:小林家住宅探訪
          23:目覚まし体操       24:デジタルアルバム
          25:歯磨き七つ道具      26:救急車
          27:AIドライブモニター速報  28:補聴器
          29:神代植物公園       30:歴史に残る年、2020
          31:眼の話          32:AIドライブモニター総括
          33:認知機能検査       34:冠動脈ステント治療
          35:足利フラワーパーク    36:薬に支えられて90歳
          37:スバルで3年        38:成城に住んで45年
          39:カスピ海ヨーグルト    40:チェービッツ美術館
          41:二休会          42:奥多摩温泉めぐり

   思い出の一枚シリーズ1:博士帽でパレード  2:最初で最後の扁額
          3:頭部像-東洋の若者    4:四股のそろい踏み
          5:上海站軟座待合室風景   6:歩け歩け大会
          7:最後の遠出          8:マイカー3号
          9:スキー合宿        10:サファリ体験
          11:ハナミズキとの出会い   12:富士山

   言葉の玉手箱シリーズ1:徳は得       2:忍
          3:神は予兆を発し給う    4:言葉は比喩
          5:仁から始まる       6:楽観は意思、悲観は気分
          7:頂に立つと次の頂が見える 8:見ようとしたものしか見えない
          9:冒険は若さの特権     10:今日は人生最初の日です

   技術者シリーズ1:技術者って誰、若者の答  2:口を揃えて技術者育成
          3:みんな技術者         4:仕事考 - プロ三態
          5:技術に関わる様々な仕事  6:IEAによる職能分類
          7:科学と技術、それを担う人 8:技術に関わる職能分類 -1
          9:技術に関わる職能分類 -2   1-10 総括を含むシリーズ全編

   マンガシリーズ1:粘性が生まれる仕組み   2:損失(ロス)が生じる仕組み
          3:押し屋さんとエンタルピー 4:痩せたバッタと太ったサナギ
          5: 手書きからクリップアートへ    6: 何のために学ぶのか - 1
          7: 何のために学ぶのか - 2    8: 二つの科学
          9: 科学者と技術者      10: 科学と非科学
          11: 人間関係の構図      12: 東洋的深層心理

    懐旧シリーズ1:マイカー 1号       2:最初の運転免許
          3:日独学位記比較      4:初めての空の旅
          5:60年前の回転計      6:三種の算器 
          7:パソコン1号       8:Nordkappこと北の岬
          9:写真の移り変り       10:パスポートの今昔
    その他

     ****************************************************
Let's find facts! 2016年8月改訂、最終版

統計が語る日本の大学  Japanese universites found in statistics

  Topics 1: 入学者の年齢分布 Age distribution of new entrants
  Topics 2: 卒業率の比較 Comparison of completion rate
  Topics 3: 就職活動の開始時期  Timing when students start seeking a job
  Tpoics 4: IMD世界競争力ランキングから  Ranking by IMD Yearbook

     ****************************************************

簡単な自己紹介  

    **************************************************** 

最近のできごと  できごと
これまでの経歴  経 歴
最近の印刷物   印刷物
最近の講演資料  講演資料
エッセイなど   

メールアドレス: PGA02322@nifty.com
東京都世田谷区在住

スマートフォン版